太陽光発電の新展開!個人はどう考えるべき?


売電のあり方に新展開

太陽光発電による売電利益は固定価格買取制度によって支えられています。しかし、固定価格買取制度は毎年見直しがおこなわれていて、買取金額は少しずつ下がってきていました。さらに最近では事業としておこなうときに自家消費分が一定量以上ないと固定価格買取制度を利用して売電ができないルールも設けられてしまいました。この新展開を受けて個人もどのようにして太陽光発電を利用していくかを考えなければならなくなっています。特別に大きな影響を受けているのは企業なのは確かですが、太陽光発電を使っていこうと思った個人もどのようにして太陽光発電を導入して運用していくかをよく考える必要が生じています。

自家消費重視か投資重視かを考えよう

太陽光発電を導入する目的は人によって違います。災害対策として太陽光発電パネルを設置しておきたいという人もいるでしょう。余った電力は高く買い取ってくれるから嬉しいという認識であれば、今後も特に固定価格買取制度の変化を意識する必要はありません。しかし、自家消費重視ではなく投資重視で太陽光発電を使いたいと思っている人は新展開の影響が大きくなっています。事業規模で太陽光発電をした場合には自家消費が十分にないと高く売れないからです。土地を買って太陽光発電パネルを設置し、全量売電をして稼ぐことは難しくなりました。そのため、投資重視で太陽光発電を使うときには戦略を練らなければならず、高圧電力を発電するか、自家消費の方法を考えることが求められています。

太陽光発電の価格は、ソーラーパネルの価格にパワーコンディショナー、発電モニター、架台、蓄電池、その他オプションなどの費用、工事費がプラスされて決まります。