不動産投資で倉庫を選ぶ?メリットは大きいのか小さいのか


不動産投資で倉庫を選ぶメリット

資産形成を目的として不動産投資をするときには倉庫を選ぶことが可能です。倉庫を不動産投資ローンを使って購入し、物流会社や各種メーカーなどに賃貸するのが基本です。個人向けに貸し倉庫のサービスを提供することもできます。倉庫経営は個人と法人のどちらもターゲットにできるのがメリットです。立地さえ良ければすぐに契約先を見つけることができ、長期的な契約を期待できる魅力があります。個人がネットショップ経営などで倉庫を必要するケースも多くなり、小さな倉庫でも経営をしやすくなっています。マンションやアパートなどに比べると倉庫は安いので、少額からでも始めやすいのもメリットでしょう。

不動産投資で倉庫を選ぶデメリット

倉庫で不動産投資をするのにはメリットもありますが、デメリットも多いので注意しなければならないでしょう。倉庫による不動産投資では賃料が低いのがデメリットです。面積あたりの利益で考えるとマンションやアパートに比べてかなり低くなってしまいます。また、倉庫は広い面積を求められることが多いため、広い土地を購入しなければなりません。地価が高い地域では初期費用が高くなり、立地によってはアパートの方が安く購入できることもあります。また、立地が悪いと借り手が全く見つからずに苦労することになるのも問題点です。土地がとても安いところなら企業は土地を買って倉庫を建設してしまうでしょう。倉庫による不動産投資では高過ぎず安過ぎない地域を選んで倉庫を用意する必要があるのです。

物流とは、生産現場から消費者に製品が届くまでの一連の運搬の流れを指します。近年は、市場としての規模が大きくなってきています。